https://www.bousai-bouhan.info/

PDCAサイクルとは?

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったもので、1950年代、品質管理の父といわれるW・エドワーズ・デミングが提唱したフレームワークです。
PDCAサイクルを強化することで、一人ひとりがKPI(重要業績評価指標)にかかわるミッションを達成すると、結果として中期経営計画や会社の業績が達成できる仕組みになります。この際、業績・人事の評価方法、ガバナンスなども検討しなおすことが大切です。

PDCAサイクルの必要性とは

PDCAサイクルが必要とされる理由は、大きく2つあります。
一つ目は、改善ノウハウを蓄積するためです。PDCAで重要なのは実行した後、成功・失敗にかかわらず必ず評価を行い、改善につなげていくことです。仮に失敗したとしても「なぜうまくいかなかったのか」原因をきちんと究明し、対策を打つことで改善につなげれば、同じ事象が起こった際にも同じ失敗を繰り返すことはなくなるでしょう。また、評価・改善を繰り返し行うことで、PDCAそれぞれのプロセスの精度も上がります。改善ノウハウを蓄積することは、最終的なゴールに近づく着実性やスピードの向上につながるのです。

もう一つの理由は、市場や環境、仕事自体の変化に柔軟に対応していくためです。PDCAを意識せずに仕事が習慣化してくると、評価や改善がおろそかになりがちです。また、無意識に固定観念が生まれ、新しいやり方が思いつかないといったことも起こりやすくなります。

市場や顧客のニーズが多様化する現在、同じやり方で仕事を進めていては時代の変化に対応していくことは困難です。評価・改善を繰り返し、成長し続けていくためのPDCAサイクルは、新たな気付きを与え、柔軟な発想を生み出すにも有効な手法だと言えます。

目標達成のためのPDCAサイクルの効果的な回し方

PDCAサイクルの各プロセスにおいて、具体的に何が行われるのかを見ていきます。

  ①  Plan(計画)
    目標・目的を設定し、実行計画(アクションプラン)を立案します。その際、ただ闇雲に目標設定をし、過去のやり方を踏襲した計画を立てるのではなく、なぜそのような目標を立てるのか、なぜそのような実行計画を立てるのか、自らの仮説に立脚した論理的なPlanを意識する必要があります。
  ②  Do(実行)
    計画を実行に移します。
   ③ Check(評価)
    実行した内容の検証を行います。特に計画通りに実行できなかった場合、なぜ計画通りに実行できなかったのか、要因分析を入念に行う必要があります。また、PDCAサイクルを運用する時の課題抽出の際には、必ずしも定量的なデータでなく、定性情報が活用されることもあります。最近あらためて注目を集めている、行動観察などによるエスノグラフィックアプローチのような手法から集められた定性情報の活用を検討することも求められます。
   ④ Action(改善)
    検証結果を受け、今後どのような対策や改善を行っていくべきかを検討します。Checkで仮説の検証、要因分析がしっかりと行えないと、誤った対応策を立て失敗することがあるため、注意が必要です。 生産・品質管理モデルに由来するPDCAサイクルですが、現在では戦略実行や経営管理、調達・生産・営業など各機能の業務改善に至るまで幅広く利用される「改善プロセスのお作法」ともいうべき、基本的なフレームワークです。

PDCAサイクル料金

基本料金(年間)
初年度 550,000円(税込)【PDCAサイクル制作費+除菌消毒指導料】
PDCAサイクルのみ制作料 154,000円(税込)
定期コース
月一回のみ
33,000円(税込)【除菌消毒指導】
定期コース
2か月1回コース
66,000円(税込)【除菌消毒指導】
定期コース
6か月1回
99,000円(税込)【除菌消毒指導】

上記のコースは全てには交通費その他諸経費は入ってません。

powered by crayon(クレヨン)